Archive for the 'Personal Stories' Category

僕は(米国)大学生になるために生まれてきた


僕は大学生になるために生まれてきたような人間である。

起床は11時。

服装はダボダボなポロシャツとカーゴパンツに野球の帽子。

食べることと遊ぶこと以外で期待されているのは、自分が興味を持っている課題のみの徹底追求。

評価基準は、どれほど自分の意見を口頭と文章で表現できるか。

ここまで読んでいただければお分かりのことかと思うが、これは日本の大学生生活の話ではない。

高校受験に受かるかさえ微妙な僕がそもそも大学入試を受けても合格するとは思えないが、いずれにせよ、性格的に日本の大学と肌が合うとは到底思えない。

日本の大学生活の話を聞くと、辛い高校生活の延長としか思えないのだ。

家族と住む家から通学し、毎日朝から夕方まで1日10個以上ある授業を受け、期末試験で試されるのは累積したはずの知識。

すべて僕が小学校入学から高校卒業までの12年間、苦手としていたことばかりだ。

米国での大学生活が僕に馴染んでいたのは、これらとすべて、おさらばできたからである。

米国大学生の毎日は寮生活なしには語れない。教師にも親にも監督されない、自由奔放な寮生活。

とにかく寮生活は楽しい。ルームメイトは一年生の時に親しくなった友達。時間つぶしには誰かが持ち込んだプレステ。食事は夜中まで空いている食堂で、娯楽は近所にある映画館で。

基本的に24時間キャンパスにいるので、毎日毎瞬ただ遊びほうけていても、さすがにいずれは学業に励みたくなる気持ちになるが、勉強さえも自由なのが米国の大学である。

もちろん必修科目という煩わしい概念も存在するが、一般教養、所謂リベラル・アーツの大学に通っていれば、そんな物は何とでもなる。

興味ある科目の、好きな教授が教えている、都合のいい時間に行われる授業を受ければいいのがリベラル・アーツ大学なので、嫌いな科目をしんどい朝から苦手な先生が長々と語る高校と比較すれば、学生としての義務とも言える学業も、(米国)大学生になれば天国である。

更に、米国大学での結果の出し方は僕のような人間に最も相性が合っている。発言力が重視される米国で大学生に期待されるのは、意見を主張し、表現することである。別に知識も思考も必要としない。正確な回答など導けなくとも、とにかく思いついたことを適当に表現していれば評価されるので、芸は口である僕にとって、これほど自分の特技に見合った環境もあるまい。

余談だが、さすがの米国のリベラル・アーツ大学でも、知識を累積することが求められる授業がある。科学や数学がその典型的な例だが、米国の大学の凄いのは、「科学が苦手な学生が必修科目を満たす為の科学授業」という学歴詐欺のような授業が存在することである。そんな授業を受けても当然科学に関する知識は一向に増えないため、小学時代からの僕の科学オンチは大学に通うことによって解消されることはなかった。

僕は社会人になってから大学・大学院時代を過ごしたボストンカレッジがあるボストン付近に戻っていない。それは、僕の、生涯を大学生のまま終わらすことが現社会ではダメ人間のレッテルを貼られることになるのを理解した上での、残りの人生に挑む覚悟の表れである。

ボストンを訪れてしまえば、即退職して学生に戻ってしまうのを分かっているから。

Advertisements

日常の三不思議〜ラーメン屋の混み具合、日比谷線の延長、そしてスカウトされない僕


僕には三つの日常的な疑問がある。

一つ目が六本木にある「竹虎」という、ほぼ毎週日曜日に通っているラーメン屋の混み具合だ。

僕の日曜日の昼前後は週課みたいなもので、11時にしぶしぶ起床、12時に六本木でミサに参列、その後近所の「竹虎」で昼食、と決まっている。そういうことなので、「竹虎」に着く時刻はほぼいつも13時15分頃になる。

この時刻は昼にしては遅いこともあり店は大抵空いているのだが、7〜8週間に一度、すぐに座れない時がある。それも前に4〜5組待っているという(通常からしたらの)大混雑なのだ。

なぜ日曜日13時15分の六本木の「竹虎」では混む時と混まない時があるのか、そして混む時にはなぜ極端にも大混雑なのか。この奇妙な現象に気付いて4年近く経つが、余りに不思議すぎて未だに自説さえも立てられないでいる。

二つ目の疑問は東京メトロ日比谷線についてである。

日比谷線は中目黒と北千住をつないでいる地下鉄であるが、他の鉄道との直通運転も実施しており、長い間、中目黒方面 では東急東横線に直通しており、北千住方面では東武伊勢崎線に直通していた。

それが2013年、東京メトロ副都心線が東急東横線との直通運転を開始したことをきっかけに変わった。東急東横線が別の線と直通することなったので日比谷線との直通運転が廃止されることは当然なのだが、不思議なのは、日比谷線の北千住方面での直通運転の変更だ。

2013年まで北千住方面の最遠は東武伊勢崎線にある東武動物公園駅であった。それが、中目黒での東急東横線直通廃止と同時に、北千住方面の最遠は南栗橋駅に変わったのだ。

南栗橋駅とはどのような駅なのか。調べてみると、東武動物公園駅より3駅先の、なんと東部伊勢崎線沿いではなく、東武日光線という別の線にある駅であることが分かった。

なぜ本来なら何の関係もない中目黒駅での東急東横線との直通廃止に伴い北千住方面での直通運転が見直されたのか。そしてなぜ、見直した結果が伊勢崎線沿いの延長ではなく別の東武日光線との直通なのか。そしてなぜ3駅だけの延長なのか。

未だに、日比谷線の南栗橋行きに乗る度にこの疑問が頭を横切る。

そして三つめの不思議が、なぜ僕は渋谷でスカウトされないのか、ということだ。

先日、妹を渋谷のハチ公前で待っていた時に改めてこのことを疑問に思った。その日は週末であったためか、多くのカメラマンとマイクを持った人間がウロチョロいて、適当な人に声をかけていた。「適当」より背も格も高い僕のところには当然いつかだれかが来るのだろうと待っていたのだが、どういうわけか、いつまでたっても誰も声をかけてこなかったので、これは場所が悪いのだろうと思いつき、より目に付きやすい場所に移動した。

すると数分後、クリップボードを手にした女性が僕に近づいてきた。待ってましたとばかりに自己紹介をしたくなる気持ちを抑えていたら、その女性、明らかに日本ではない国の教室で笑顔いっぱいの小学生数人が写っている写真を僕に見せた上で、「カンボジア児童への募金をお願いできませんか」と拙い日本語で聞いてきた。

なーんだ。カメラもない。マイクもない。インタビューもしない。渋谷でそんな人に付き合っていたら万一スカウトされる時に邪魔になる、と考え、金がないふりをしてその女性を追っ払った。

もっとも、大変おかしなことに、それでもスカウトはされなかったのだが。

A Lenten Reflection–To be More like Christ


You have heard that it was said, “Love your neighbor and hate your enemy.” But I tell you, love your enemies and pray for those who persecute you, that you may be children of your Father in heaven. He causes his sun to rise on the evil and the good, and sends rain on the righteous and the unrighteous. If you love those who love you, what reward will you get? Are not even the tax collectors doing that? And if you greet only your own people, what are you doing more than others? Do not even pagans do that?  Be perfect, therefore, as your heavenly Father is perfect–Matthew 5:43~47

I was deeply moved by this Lenten passage.  It epitomizes what I need to strive for in my journey of faith.

In one sense I have come pretty far in that journey, for I no longer find the having of faith to be that difficult.  To be sure, faith has never come easy and it probably never will, but if you ask me the pointed question “Do you believe in God and His son Jesus Christ?” the answer I would give is an unequivocal “Yes.”

But having faith and living it are two very different things.  If action speak louder than words, as the old cliché goes, then my proclamation of faith is drowned out by my everyday behavior.

Regarding this shortfall, I am very much self-aware.  Of all the challenges in my life, the living of faith is probably the one I find most difficult.

There are so many reasons this is so.

For one, I aspire to live a full life, filled with numerous things that occupy my time like friends, work, hobbies and curiosities.  I’m constantly stimulated and rarely find a moment of boredom, but I confess, faith is not what mostly occupies my mind, heart and soul.  I feel in touch with faith whenever I have moments to reflect, but those moments are few and far between. In the day in and day out, in the every moment of every hour, my faith takes a back seat.

My personality also doesn’t help.

I am passionately opinionated about everything, which also means that I can be highly judgmental. There is not a moment that goes by that I’m not judging a person to be good or bad or right or wrong, and cutting loose in my mind the people who fall into the latter category.  I am terrible at forgiveness, regarding which my take is “why is there a need to forgive the bad and the wrong?”

That attitude, of course, is entirely at odds with Christianity.  As Jesus taught in the Matthew passage above, what the followers of Christ are called upon to do is to forgive the unforgivable, as Jesus Himself exhibited when he forgave those who nailed Him to the cross.

I realize I fall woefully short of this standards set by Jesus, yet there is a part of me that has remained unapologetic.  I cannot help but ask: if God created every person in His image, then am I not in His image despite my inclinations to judge?

It is only recently that I’ve come to terms with the fact that I need to change this line of thinking.

For the last couple years, I’ve concluded every prayer with the request that Jesus remain with me always, realizing that my moments with Him are fleeting, but recently, I’ve been adding that I may live my life more like Him, in the recognition that I am ever imperfect.

This Lenten season, I have made a commitment to do my own part to bring those prayers to fruition, to at least make an effort to act the way that Christ would have acted.

That means I don’t judge, I just observe.

That means I don’t dismiss a person for his or her perceived shortcomings.

That means I treat every person, no matter how perceivably indecent, with dignity and respect.

That means I cherish every life and lament the loss of any.

That means I don’t get angry with perceived slights, against me or others.

That means I forgive even if the wrong is seemingly unforgivable.

And that means I become always mindful of how Christ would have acted, despite all that is going on in my life.

None of this will come easy, for they represent a fundamental change in the way I go about my life.

In fact, I’m very likely to fail.

But during Lent, I have made a commitment to try.  That may not be much, but I’d like to think that it is a major step forward in my every continuing journey of faith.

教師にあらずんば「先生」にあらず


「先生」という敬称の使い方についてふと疑問に思ったことはないだろうか。誰も彼もが「先生」と呼ばれているこのご時世、一体「先生」と「さん」の境界がどこにあるのか、ということを。

僕は「先生」の使い方は二種類あると思っている。

ひとつ目が「教える人」に対して使う場合だ。

Continue reading ‘教師にあらずんば「先生」にあらず’

実は僕は(ほぼいつも)落ち着いている


僕はだいぶ感情的である。

少なくとも周囲にはそう思われている。

それがどでかい声のせいなのか、大げさな身振り手振りのせいなのか分からないが、最近になってやっと、僕の実際の情動状態と他人が受ける印象にギャップがあることを自覚し始めた。

このギャップの背景には性格があるようだ。僕は性格的に何に関しても意見を持ち、その意見を面白おかしく皮肉的に語るのが好きなだけなのだが、他人からは、僕は極端な意見を持っている上に自分とは異なる意見を一笑に付しているように見えるらしい。そのせいか、述べる意見が強ければ強いほど、話している時に興奮していると思われやすい。

Continue reading ‘実は僕は(ほぼいつも)落ち着いている’

僕は将棋に向いてない


将棋教室に月2回通うようになって4年超。「趣味は将棋だ、将棋」と周囲にウザく宣伝しているわりには、上達していない。

才能がないと言えばそれまでだが、何も誇れる才能がない僕は(家族・友人・同僚によると、口が達者であることは自慢できることではないらしい)、今までの人生において、コツコツと努力を積み重ねることで、テニス数学などにおいて一定のレベルまで上達することができたのを長所と考えていた。

将棋も同じように忍耐力さえあれば一定の成果につながると思っていたのだが…

どうもいつまでたっても六級から昇級しない。

何がいけないのかをよくよく考え理由を追求してみたら、問題は自分の性格にあった。

Continue reading ‘僕は将棋に向いてない’

祖母が亡くなって思うこと、それは生きることへのこだわり


先週、祖母が亡くなった。享年92歳だった。

祖母は数年前に認知症を患ってから徐々に記憶が薄れ、最後には僕が誰であるのか分かっていなかったと思う。

1年前に骨折した後には、手術とリハビリを経て歩ける程度には回復したものの、精神的には急激に衰退したのが明確だった。

数ヶ月前には食事を摂らなくなり、点滴に頼るようになってからはベッドを出ることが少なくなった。

そして最後の数週間は寝てばかりだった。

そこまで祖母が弱ってしまい、終わりが近くなっているのが明らかになっても、僕は最後の最後まで「92年の人生、幸せだったね」とは言えなかった。常に、「もう少し頑張って」と思っていた。

祖母を見届けて思うのは、「人間、生きていなければ意味がない」ということだ。

Continue reading ‘祖母が亡くなって思うこと、それは生きることへのこだわり’


Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Top Rated

Categories

Archives

December 2017
M T W T F S S
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

%d bloggers like this: