Archive Page 2

“Silence” (2016) is a Deeply Reflective Journey of Contemplation into Faith


9/10

MV5BMjY3OTk0NjA2NV5BMl5BanBnXkFtZTgwNTg3Mjc2MDI@._V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_.jpg

It is 17th century Japan, a bad time and place to be a Christian.  The feudal government is committed to eradicating Christianity through the torture and killing of believers, convinced that the religion is unfit for the Japanese people.

In the Portuguese colony of Macau, the Jesuits receive news that Father Cristóvão Ferreira (Liam Neeson), who is living in Nagasaki, Japan, renounced his faith after being tortured. Finding this difficult to believe, Fathers Sebastião Rodrigues (Andrew Garfield of “The Amazing Superman” (2012)) and Francisco Garupe (Adam Driver) set out on a dangerous mission to find their mentor and uncover the truth.

Continue reading ‘“Silence” (2016) is a Deeply Reflective Journey of Contemplation into Faith’

Advertisements

教師にあらずんば「先生」にあらず


「先生」という敬称の使い方についてふと疑問に思ったことはないだろうか。誰も彼もが「先生」と呼ばれているこのご時世、一体「先生」と「さん」の境界がどこにあるのか、ということを。

僕は「先生」の使い方は二種類あると思っている。

ひとつ目が「教える人」に対して使う場合だ。

Continue reading ‘教師にあらずんば「先生」にあらず’

実は僕は(ほぼいつも)落ち着いている


僕はだいぶ感情的である。

少なくとも周囲にはそう思われている。

それがどでかい声のせいなのか、大げさな身振り手振りのせいなのか分からないが、最近になってやっと、僕の実際の情動状態と他人が受ける印象にギャップがあることを自覚し始めた。

このギャップの背景には性格があるようだ。僕は性格的に何に関しても意見を持ち、その意見を面白おかしく皮肉的に語るのが好きなだけなのだが、他人からは、僕は極端な意見を持っている上に自分とは異なる意見を一笑に付しているように見えるらしい。そのせいか、述べる意見が強ければ強いほど、話している時に興奮していると思われやすい。

Continue reading ‘実は僕は(ほぼいつも)落ち着いている’

Letter to a Newly-Married Friend


Dear James,

As I attended your wedding celebration last week, so many thoughts came rushing through my head.

I thought about our friendship and how it is a reminder that friendships take many forms.  You and I attended high school together, yet it was our geographic proximity during graduate school and the discovery then that we shared a wide range of common interests that really deepened our friendship.

I thought about all the fun we had together doing the small things that added up to a lot, like going out to movies, eating full course meals, attending Boston College football games, agreeing on politics and debating law.

I thought about who you are as a person and values you hold most important, like loyalty, love and kindness.  Those are the qualities I treasure most about our friendship and are the reason I consider you one of my closest confidants when I need to talk to someone about life.

Continue reading ‘Letter to a Newly-Married Friend’

2016 Was the Year of Changes


Below is the letter that I enclosed in this year’s Christmas cards.  今年のクリスマスカードに同封した以下の手紙の和文はここでご覧いただけます。

With the holiday season fast approaching, I hope this letter finds you well.

If I were to pick one phrase to describe the past year, it would be “The Year of Changes.”

On the professional front, I left Shearman & Sterling in May after seven and a half years at the firm in order to join Amazon in Japan.  The jump from being an experienced lawyer at a mega law firm to a first-time in-house lawyer at an IT company has brought major changes to my life, the most obvious manifestation of which is an improved work-life balance.  On the personal front, I lost a family member when my grandmother died at the age of 92 in October, but I will soon have two family members living much closer to me as my mother and sister decided to move back to Japan after all the years living in the U.S.

As I look back on the eventful past year, I’m reminded of the old saying, “All good things must come to an end.”

Continue reading ‘2016 Was the Year of Changes’

2016年は「Change」の年でした


以下は今年のクリスマスカードに同封した手紙です。For an English version of the below letter which I enclosed in this year’s Christmas cards, please see here.

今年も残すところわずかばかりとなりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

さて、私の2016年のテーマは確実に「change」でした。

今年の5月、私は7年半勤めた法律事務所を辞め、アマゾンジャパンに転職しました。法律事務所からIT企業法務部への移籍。そしてそれに伴う引越し。これらにより、私の日常生活と生活のリズムは大きく改善されました。また、10月には祖母が92歳で亡くなり親族を一人失った一方で、まだ米国に住んでいた母と妹がこの度帰国することとなり、近くに住む家族が二人増えます。

色々あった一年をこうして振り返ることで頭に浮かぶのは、「All good things must come to an end」という英語の表現です。これは「すべてのいいことには終わりがある」という意味ですが、今年は「終わり」と「その後に来るもの」をたくさん経験し、多くを学びました。

Continue reading ‘2016年は「Change」の年でした’

佐久沼條治という、ある迷惑男の話


この物語はフィクションであり、主人公である佐久沼條治の名称および性格と立ち振る舞いが作家のものと瓜二つであることは、すべて偶然です。

「絶対、大丈夫」

こう断言した佐久沼條治(さくぬまじょうじ)を、左飛道(さひみち)レヌはあからさまにうんざりした目で見つめた。

「本当ですか」

無駄とは分かっているものの、レヌは一応確認する。

「僕が言うんだから間違いない」

また、だ。この根拠のない自信は何処から来るのだろう、とレヌはいつも思う。

「どうしてそう思うんですか」

レヌは食い下がってみたものの、帰ってきた答えは「僕のカン」だった。

思ったとおりの、何のあてにもならない答え。いまさら期待はしていなかったものの、この日常のやり取りにはさすがに嫌気がさしてきた。

Continue reading ‘佐久沼條治という、ある迷惑男の話’


Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Top Rated

Categories

Archives

December 2017
M T W T F S S
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

%d bloggers like this: