Posts Tagged '映画'

良くも悪くも、楽しめる映画は記憶に残る映画


僕は今まで600~700本の映画を観たことがあるが、これだけ観てようやく気付いたことがある。

それは、ほとんどの映画は平凡、ということだ。

これは必ずしも悪いことではない。

当たり前のことだが、悪い映画を製作しようと思うプロはいない。映画の製作に携わっている誰しもが、良い映画を作ろう、楽しんでもらえる映画にしよう、という目標を持って頑張るので、ほとんどの映画は「平凡」の水準に達する。

反対に、映画を作るということは通常思われている以上に大変なので、作品が平凡のレベルを超えることはほとんどない。

だからこそ、「記憶に残る映画」とは良くも悪くも稀な体験である。

記憶に残る名作、いわゆる「傑作」とは、他人に勧める映画で、かつ何年経った後でも再度観たくなるような映画だと思っている。他人に対しては貴重な時間とお金を費やしてまで観ることを勧め、自身に関しては既に観ているのに更なる時間をそそごうと思える作品は、数年に1本の頻度でしか現れない。

どうして「傑作」がそこまで稀になるのかをよく示しているのが「64(ロクヨン)」だ。

横山秀夫の小説を原作とし、佐藤浩市が出演、瀬々敬久が監督したこの映画は、邦画が豊作だった昨年、僕の年間Top 5にランクインしたほど良くできていた映画だった。ただ、この映画の惜しかったのが、後篇の転機となる肝心なところで重要な場面が唐突に現れるという大きな編集の過ちを犯していたことだ。

この失敗は、前編・後編をわたる240分のうちたった数分間を占めるものであった。この一瞬を観て改めて感じたのは、映画製作とはなんと難しいのだろう、ということだ。

良い映画を観た人が口にする感想は大抵「さすが~監督とか」とか「~の演技が良かった」だが、映画を成功させるためには俳優や監督が優れているだけでは不十分だ。映画には脚本や音楽、セットや衣装、撮影や編集も欠かせない。これらすべてが優れて初めて「傑作」ができあがるが、それはまるで、空中に投げたバラバラのパズルが床に落ちた時にははまっているというくらいありえないことで、だからこそ僕は、傑作に巡り会うと魔法を体験しているような気分になる。

もちろん、傑作があればその正反対の駄作もあり、後者の鑑賞もそれなりに楽しめるものだ。何しろ駄作とは、映画製作に携わった人すべての「良い映画を作ろう」という思いと努力が水の泡となってしまった悲劇の産物なのだから。

昨年楽しめた駄作といえば「クリーピー 偽りの隣人」だろうか。これは「不作は最初の15分で決まる」という僕の持論を立証するような作品だった。全然怖くない場面で「これから怖いことが起こる」BGMが流れたあたりで「傑作」には遠く及ばない映画であることを理解した。もっとも、その程度の欠陥しかないのであれば「平凡な映画」で終わったのだが、この映画、話が進めば進むほど馬鹿らしい展開になり、救いようのない脚本を懸命に演じる哀れな香川照之を観ながら、これは見物だ、と楽しめてきた。

駄作を見ることを好む人は少ないかもしれないが、僕は平凡な映画を見るよりはずっとマシだと考えている。映画鑑賞とは結構高い娯楽だ。たった2時間程度のために2000円近く払うのだから、忘れてしまうような体験が実は一番もったいない。駄作の鑑賞は2000円で買った一生忘れられない体験と考えれば、駄作にもそれなりの価値を見いだせるのではないだろうか。

Advertisements

最新の「海猿」は単純さがいい


8.5/10

くさい台詞を吐く主人公中心のありふれた感動物語が大金をつぎ込んだ大規模なアクションを通じて語られる。そんな何にも考えないで楽しめる単純な映画を、特に夏には観たくなる。「海猿」シリーズの4作目となる「BRAVE HEARTS 海猿」は、2作目と同様に、そんな欲求を満たしてくれる映画である。

構想はいたって簡単。海上保安官である仙崎大輔 (伊藤英明)と以前からバディーである吉岡哲也(佐藤隆太)は、通常の海上保安官が出動できない現場を任せられる特殊救難隊に所属する。彼らの直属上司は嶋一彦 (伊原剛志)。命を救うことを何より優先し、どんな場合でも奇跡を信じて諦めない心を持っている仙崎は、現場では冷静な判断力が最も重要であると考える嶋とは意見が合わない。そんなある日、吉岡がプロポーズして断られた元彼女である矢部美香(仲里依紗)がキャビンアシスタントとして乗っている羽田行きの飛行機がエンジンと機体に大幅なダメージを受けるという危機に晒されてしまう。海上保安庁警備救難部救難課長である下川嵓(時任三郎)が危機管理のため羽田空港に駆けつけるが、状況を鑑みて飛行機の羽田への着陸は不可能と判断。乗客と従業員全員を救う方法は東京湾への着水方法しかないと決断する。薄暗くなる中での着水、そして着水後の即効の救出には海上保安が欠かせなくなり、仙崎、嶋、そして矢部が飛行機に乗っていることを知っている吉岡が出動する。

「海猿」は単純な映画だが、このような映画の製作は簡単なようで意外と難しい。単純な映画とはいえども構想は肝心で、関心を削ぐようなストーリーはいくらアクションシーンが良くても、観客は冷めてしまう。「海猿」はそこら辺のコツをしっかりつかんでいる。この映画の空と海での危機を中心とした構想はスケールが大きい。飛行機に不具合が起こった時点から映画はテンポが上がり、ハラハラする場面が中断されることなく続く。海で活動する海上保安官の話なのに空を飛ぶ飛行機を中心とする設定は如何なものかと観る前は半信半疑だったのだが、空と海の場面がバランスよく組み合わせられており、全く違和感を感じない。前作「THE LAST MESSAGE 海猿」の石油プラットフォームでの設定は今ひとつしっくりこなかったのだが、「BRAVE HEARTS 海猿」では空という海とは全く関係の無い場面を導入したことで反対に成果を出している。

ドラマチックな映画の構想では偶然と奇跡が相次ぐ場合が多いが、「海猿」も例外ではない。不時着せざるを得ない飛行機に偶然吉岡の元彼女が乗っている。その吉岡が最終場面では絶体絶命の状況に至ったにもかかわらず奇跡的に命が助かる。なんでもありなのか、と思わせるほど非現実的なストーリーだが、「海猿」のような青臭い映画は徹底して青臭いほうがいい。ありえないことが続いて奇跡が起ることにより観客が感動する。「海猿」では極端にドラマチックな場面を役者が誠実にそして自然に演じることにより、青臭さで感動する。

こういう映画では登場人物の展開は余り期待できないものだが、たとえワンパターンな主人公でも何らかの魅力を感じさせる必要がある。そういう言う意味では仙崎は十分な主人公。ひたすら人間の命を救うことへの愛着に人間味を感じる。またシリーズ3作目の共演ということもあり仙崎と吉岡の関係も「海猿」の大きな魅力的なところである。でもそれ以上登場人物を展開させることにこの映画は興味を示さないことに多少の物足らなさはある。対照的な仙崎と嶋の関係には奥が深い展開が期待できたのに、余りにも簡単に分かり合えてしまったのでは設定が十分に生かし切れていない。

とは言いつつも、結局は構想も登場人物も「海猿」の目玉である、抜群な特殊効果の背景にしかすぎない。映画のはじめにコンテナを乗せた貨物船が沈没する場面。ヘリコプターで救出にあたっている特殊救難隊が上空を飛ぶ中、貨物船が傾き、コンテナが滑り落ちて、荒れた海に呑まれてゆくのは、実際に貨物船を沈めて撮ったのではないかと思わせるほどリアルであった。

また、飛行機に関わるシーンも手を抜いていない。エンジンがトラブルを起こして発火し、折り外れた後、機体にあたり穴をあけてしまう場面はたったの数秒間なのだが、現実的だった。でも何よりも素晴らしかったのは水着のシーン。ひとつのエンジンを失い、残りのエンジンには焦げ跡があり、機体の後部には損傷がある飛行機が東京湾に救命の為待機している数々の船の真上を飛び、機体が崩壊されながら着水するシーンは、ハリウッドの映画でも最近体験していないほどの迫力があった。これだから映画は大きなスクリーンで音質が最高の映画館で観なければ意味が無い、と思わせるシーンである。所々BGMの音が大きすぎる場面があるが、場違いのBGMでは無いし、スケールが大きい、が取り柄の映画では、気になる程度の問題だ。

「海猿」は、猛暑を数時間忘れる為に十分な楽しさを経験させてくれる映画である。

「BRAVE HEARTS 海猿」は日本全国で上映中。

“Yamamoto Isoroku” is Too Shallow to be Meaningful


Rating:  4/10

If there is a Japanese military officer from World War II that both Americans and Japanese respect, Adminiral Isoroku Yamamoto, the Commander-in-Chief of the Japanese Imperial Navy, is it.  The story that looks into this reluctant warrior who opposed Japan entering the war against the United States yet  planned the attack on Pearl Harbor would make a fascinating movie.  Unfortunately, “Commander-in-Chief of the Imperial Navy Yamamoto Isoroku–Truth in the 70 Years Since the Pacific War” (2011) is too shallow to be such a film.

The film begins with Yamamoto, played by Koji Yakusho, in the Department of the Navy, vehemently opposing Japan entering into the Tripartite Pact with Nazi Germany and Italy on grounds that it will increase the likelihood of war with the United States.  A newspaper reporter, played by Hiroshi Tamaki, then narrates Japan’s path towards war with the United States and its demise from Yamamoto’s perspective, with particular focus on Pearl Harbor and the defeat at Midway.

And this plot summary illustrates the problem with the film, which doesn’t have the courage to admit that it is a biography, not a war film.  Because Yamamoto was the Commander in Chief of the entire Japanese Imperial fleet, he merely planned the attacks and the battles, never executed them.  Unlike the intellectually offensive and emotionally manipulative “Pearl Harbor” (2001), at least “Yamamoto Isoroku” accurately depicts Yamamoto as an observer of Pear Harbor and Midway, receiving  battle reports after-the-fact.  The filmmakers, though, lost the nerve to cut out the battle scenes entirely because, I suspect, they presumed that the audience expected Pearl Harbor and Midway scenes in a movie about Yamamoto.

The result is battle sequences that look both cheap and rushed.  The Pearl Harbor attack, for instance, focuses mostly on the Japanese fighter planes even though the amazing visuals are always with the sinking battleship Arizona.  The battle at Midway cuts from American fighter planes circling the fleet to four Japanese carriers going up in flames.  Neither of these scenes provide any stunning visuals and deepen the understanding of Yamamoto, the film’s main subject.

Indeed, the battle scenes detract from the core story of Yamamoto.  But sitting through the rest of the film, I doubt that the film would have been much better off in the hands of these filmmakers even if the battle scenes were handled better.   The film repeatedly hammers home one core message: Admiral Yamamoto opposed the war against the United States.  The filmmakers are so unrelenting in delivering this message that they can’t even end the film at Yamamoto’s death, instead jumping to the end of the war to hammer home the point that he had been right all along.

This is overkill, even more so because the movie delivers the message so shallowly. There is nothing novel with the film’s depiction of Yamamoto; it’s well-known that he planned the attack on Pearl Harbor because he knew Japan couldn’t win a prolonged war against the United States and he thought that only a high-stakes, all-in attack gave Japan any chance.  What would have made the message more persuasive–and subtly delivered–is if the film looked into why Yamamoto was so vehement in his opposition.  For that, it would have been necessary to tell the story of Yamamoto studying at Harvard or perhaps his experiences in the Sino-Japanese War and the Russo-Japanese War–something a real biography would have–and should have–done but this film does not.

Nor does Yakusho present a commanding presence of Yamamoto when he is on screen, whose fault lies with Yakusho.  But more than that, the nonchalant way in which Yamamoto responds to important, tragic events  increasingly troubled me as the film progressed.  To the initial report that several carriers were sunk in the battle of Midway, he responds, while playing Japanese chess, “Oh yes?  Three were sunk?”  To the follow-up report that another carrier sunk, he responds, “Even Akagi sunk, huh?” in a monotone voice.  To the news of a death of a fighter pilot he befriended because they shared the same hometown, he emotionlessly replies, “So he died too.”

In the hands of a good actor working with good material, such scenes can depict a person in power acting calmly and collectively in times of great distress.  And that is how I initially viewed Yamamoto’s response to the troubling reports that no carriers were sunk at Pearl Harbor or that the Japanese embassy failed to deliver the declaration of war prior to the attack.  But increasingly, Yakusho’s Yamamoto comes off as callous as the number of sunken ships and lost lives mount.  Perhaps Yakusho was trying to depict Yamamoto as a grand figure who never lost his cool, but there is something deeply troubling about military leaders being emotionless in response to a report of huge number of people dying.  No doubt the film never intended to cast Yamamoto as a callous figure, but the film lacks any depth to view Yakusho’s Yamamoto as anything else.

“Commander-in-Chief of the Imperial Navy Yamamoto Isoroku–Truth in the 70 Years Since the Pacific War” (2011) is currently in wide release across theaters in Japan.


Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Top Rated

Categories

Archives

December 2017
M T W T F S S
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

%d bloggers like this: